吃音克服、改善方法はたった一つだけ【どもりを治す!】

吃音(どもり)を克服したい、改善したいと本気で悩んでいる人のために作ったサイトです。私自身、長年吃音症状に悩まされ続けてきました。ある出会いをきっかけに人生が開けた私の体験談をあなたにもお伝えしたいと考えています。吃音どもりを治す方法を授けます。

▷吃音の症状・原因

どもりは周囲の人にうつるものなの?

更新日:

どもり,うつる

どもりは周囲の人にうつるものなのでしょうか

子供頃にふざけてどもりを真似た話し方をしていると親に「真似してたら本当にどもりが出るようになるよ」と言われたことがある人はいませんか?

悪ふざけをたしなめるための方便だとは思いますが、実はどもりの本質をついた言葉でもあるのです。

どもりや吃音を持つ人の周囲にいる人の中で、突然どもりや吃音が出るようになってしまうことは割合よく起こることなのですね。

ですが どもりや吃音は病気ではなく障害なのに、まるで伝染病のように人にうつるということがあり得るものなのでしょうか。

どもりを持つ人のどもりがきっかけとなる

どもりや吃音が出るようになる原因の一つに周囲の環境がありますが、この環境の中にどもりを持っている人がいた場合、無意識でいたどもりという事象が現実的なものとなるわけで、いやでもそれを意識してしまう結果になります。

これによって元々どもりや吃音が起こる体質であった人がどもり始めるきっかけになってしまうのです。どもりや吃音は意識したときから始まると言われていますが、この意識するというきっかけが周囲の環境にいるどもりをすでに持っている人なわけです。

ただここで気をつけて欲しいのは、そもそもどもりがうつってどもり始めてしまう人というのは、たまたまどもりや吃音が発現していなかっただけできっかけさえあればどもりや吃音が出ていたであろう人だと言うことです。

つまりどもりはうつることがあるのは確かですが、本当に伝染病のように無差別にうつるわけではないということです。

ですからどもりを持つ人をことさら避ける必要はないですし、仮に自身どもりになったとしてそれは自分がどもりや吃音になりやすい体質だったというだけのことなのです。

どもりが恐怖のイメージを植え付ける

またどもりを意識することでどもりになってしまうほか、どもりが出ている人の姿を見て「自分もあのような話し方になったらどうしよう」という不安から強いストレスに発展してしまい、このような心理的な負担がきっかけとなるケースもあります。

この場合、どもりや吃音が恥ずかしいことであんな話し方で話すなんてしたくないという恐怖感が植え付けられることがきっかけですから、厳密に言えばうつるというのとは違うとは思いますが、広範な意味で言えばどもりがうつったと言っても差し支えないのではないでしょうか。

親からうつるという可能性も考えられる

どもり,うつる

またどもりがうつるということで言えば、最もうつる可能性が高いのはどもりや吃音を持つ親の子供が親の話し方を真似してそのまま本当にどもりや吃音を持ってしまうケースがあります。

子供は無意識に周囲の言葉や話し方を聞いて自然と会話を習得していくものですが、このとき最も影響力を持つのは身近な存在の親ですよね。

しかもどもりや吃音の原因の一部に親からの遺伝というものがありますから、そもそもどもりや吃音が出やすい体質を受け継いでいる子供がどもりや吃音を持つ親と一緒に暮らしていればうつってしまうのも仕方のないことなのです。

親の方で極力真似をさせないように努める必要性がありますが、実際に防ぐのはかなり難しいものかもしれません。

ただこの場合であれば仮にどもりや吃音が出るようになったとして軽度で済ませることができるように、正しい発話や話し方をしっかりと教えておくことができますので、この努力次第ではそこまでひどいどもりや吃音にならないようにすることも可能ではあります。

ともあれ健常であるのにどもりや吃音という障害を持つ人の真似をするという行為そのものが失礼なことなのですから、そのような説明を教育の一貫として行っていくことが肝要ではないかと思います。

-▷吃音の症状・原因
-,

Copyright© 吃音克服、改善方法はたった一つだけ【どもりを治す!】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.