吃音克服、改善方法はたった一つだけ【どもりを治す!】

吃音(どもり)を克服したい、改善したいと本気で悩んでいる人のために作ったサイトです。私自身、長年吃音症状に悩まされ続けてきました。ある出会いをきっかけに人生が開けた私の体験談をあなたにもお伝えしたいと考えています。吃音どもりを治す方法を授けます。

▷吃音の症状・原因

どもりや吃音は遺伝するのでしょうか?

更新日:

どもり,遺伝

どもりや吃音は遺伝するものなのか

子供がどもりや吃音を発症してしまうと親に問題がないかと考えますから、遺伝によるものではないかという心配は無理もないものでしょう。自身が吃音症であればなおさらですし、自責の念が強くなるのではないかと思います。

様々な研究のデータによれば家族に吃音症の人がいる場合の子供の吃音症の発症確率は約50%とされていますが、これは結果だけで因果関係に関しては不明なものです。

大筋で考えると吃音者の子供は吃音者になる可能性が50%あるというだけで、原因として親からの遺伝が考えられるかどうかはまた別問題と言えます。

得体の知れない不安を抱えて自身を責める親の存在は、それもまた子供のどもりや吃音に良い影響を与えるとは言えませんから、正しい知識を持つことで子供のために寛容に接する心を持てるようになりましょう。

どもりや吃音を起こす遺伝子

近年の研究結果によると吃音に関わる遺伝子の存在が発見されており、吃音者の10%がこの遺伝子を持っているということです。

GNPTABGNPTGNAGPAという3つの遺伝子なのですが、この遺伝子が子供に遺伝情報として受け継がれて吃音症を発症する人が存在しているのは事実です。

ですから単純に言えば遺伝によるどもりや吃音は存在しますし、可能性としては少なからずあることが分かります。

ただしこの遺伝子は周囲の環境や本人の精神状態によって変化するという研究結果もありますから、この遺伝子を持って生まれているからといって吃音症になるとも言えませんし、今後の研究によっては覆る可能性もまだ残されています。

つまり遺伝によってどもりが子供に受け継がれるという考え方の根拠は科学的なデータがあるとは言え、まだまだ弱いものではないかと思います。

子供のどもりには吃音者の影響が大きい

しかし吃音者の子供が吃音者になる可能性は50%ですから、遺伝による可能性の10%を大きく上回るわけです。

これに関してはやはり吃音者である親が存在することは子供にとって影響が大きいということが言えますね。

特に言葉や話し方を学ぼうとする子供の最も身近な手本が親になるわけですから、その親がどもりや吃音を持っている場合子供はそのまま真似してしまうものです。真似をしていることでそのような発話や話し方が染みついてしまうということは大いに考えられますから、これは遺伝よりも影響が大きいと言わざるを得ないわけです。

この点で親が責任を感じてしまうのは仕方がない面がありますが、この場合であればまだまだ改善の余地があるわけで簡単に諦めてしまうのは残念ですね。

むしろ子供の教育のためにどもりや吃音に関する知識をしっかりと正しく教える機会であり、そのような教育が子供のどもりや吃音を改善することにも繋がるのではないでしょうか。

親が諦めてしまうことが一番良くない

どもり,遺伝

親が吃音者の場合、子供のどもりや吃音をどうしようもないものだと考えがちではないかと思います。自身が長年苦しんできた障害だけに、治すことの難しさや吃音者として生きる大変さなど色々と分かりすぎるために悲観的な思考をしやすいでしょうし、その言い訳の一つとして遺伝のせいだと言ってしまうといくらか気分がマシになるのかもしれませんが、子供の頃のどもりや吃音は周囲のサポートや環境構築によって軽減ないし改善することは充分可能ですから、まず親が遺伝だからと諦めてしまうのは非常に良くないのではないでしょうか。

しかも遺伝による吃音は前述したように根拠薄弱ですから、この言い訳に甘えるのはやめた方が良いでしょう。

当然子供に自身と同じ苦労をかけさせたくないと思っているでしょうから、ここは子供のために諦めずに努力してあげましょう。

-▷吃音の症状・原因
-,

Copyright© 吃音克服、改善方法はたった一つだけ【どもりを治す!】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.