吃音克服、改善方法はたった一つだけ【どもりを治す!】

吃音(どもり)を克服したい、改善したいと本気で悩んでいる人のために作ったサイトです。私自身、長年吃音症状に悩まされ続けてきました。ある出会いをきっかけに人生が開けた私の体験談をあなたにもお伝えしたいと考えています。吃音どもりを治す方法を授けます。

吃音どもり克服・改善・治す・治療方法

自閉症やADHDなどの発達障害とも併発する吃音

更新日:

吃音,発達,障害

他の発達障害と併発することもある吃音

子供の吃音は発達障害であると分類されていますが、実はそれ以外にも学習障害やADHD、自閉症などの発達障害が併発して起こりやすいという特徴があります。アメリカの研究では、吃音症の子供の51%にそれらの他の発達の遅れが見られたと言います。

また、吃音症の方の約4割がその後に社会不安障害になるとも言われています。逆に、ほかの発達障害の症状の一環で吃音が出ることもあります。そういう意味では、吃音者を取り巻く問題点としては、吃音だけでは決してないと言えるでしょう。社会的な支援や周りの配慮が必要になることもあると思います。

吃音だけの改善で良いのか?

自閉症やADHDと吃音が併発してしまった場合、その改善は吃音だけの場合と比べると難しくなります。トレーニングに非協力的になっていたり、無気力になっていたりなどすることも珍しくありません。そんな中、吃音を改善しようと躍起になっても、なかなか上手くはいきません。

また、自閉症やADHDなどの発達障害の改善を図るのは、一般的には困難であると言われています。現在自分や子供のおかれた現状を冷静に考えて、吃音の改善に取り組むべきなのかどうかを選択する必要があると言えるでしょう

吃音にも効果がある?薬物の使用

吃音,発達,障害

ADHDなどの発達障害には、薬物での治療が行われることがあります。

実は、それらの薬は吃音にも効果がある場合があります。効き目は個人差がありますし、現在「吃音」という症状に対して処方される薬はありませんので、あくまで副次的な効果で吃音改善効果が見られる可能性があるというだけです。またガイドラインもないので、処方は完全に医者のさじ加減一つになりますので、ご注意ください。

また、抗うつ系の薬も、吃音に効果があるとして処方されることがあります。吃音は、言葉を発することに対する不安が原因なので、抗うつ剤で不安を除去することで一定の効果が得られるということです。しかし、ただ薬の効果で無理矢理気持ちを落ち着かせているだけなので、薬が切れれば元通りですし根本的な解決にはなりません

したがって、薬による吃音の解消は持続性もなく、むしろ薬物に依存する形にもなりかねないので、吃音のために薬を飲むのはあまりおすすめできません

もちろん、他の発達異常のために薬を飲んでいるということであれば吃音改善の副次的な効果は、存分に利用すると良いでしょう。

吃音での障害者手帳の取得という選択肢

自分の子供に吃音などの発達障害の症状が出たときに心配になるのは、やはりその子の将来のことだと思います。周りの普通の子供と比べて苦労するのだろうかと不安になるかも知れません。

そんなときに選択肢の一つとして知って置いて欲しいのは、吃音などの精神的な発達障害でも、きちんと手続きを踏めば障害者手帳の取得が可能であるということです。詳しくは住んでいる自治体の役場で説明が受けられます。基本的には、役場で診断書の様式を受け取り、指定医のいる病院で診断書を記入してもらい、それを役場へ提出することになります。

障害者手帳があれば、吃音という健常者にはわかりにくい症状でも本当に生活に支障をきたしているということの周りへの証明になりますし、税金の減額や就職でも一定の枠が設けられるなどのメリットがあります。

もちろん、障害者手帳は障害者であるという証という見方もできるので、人によっては取得に後ろめたさを感じることもあるかと思います。しかし、障害者手帳を取得するかどうかは置いておいて、賢く生きるためにこういった制度を利用するというのも選択肢の一つであることを親御さんは知っておくべきだと思います。

-吃音どもり克服・改善・治す・治療方法
-, ,

Copyright© 吃音克服、改善方法はたった一つだけ【どもりを治す!】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.