吃音克服、改善方法はたった一つだけ【どもりを治す!】

吃音(どもり)を克服したい、改善したいと本気で悩んでいる人のために作ったサイトです。私自身、長年吃音症状に悩まされ続けてきました。ある出会いをきっかけに人生が開けた私の体験談をあなたにもお伝えしたいと考えています。吃音どもりを治す方法を授けます。

▷吃音の有名人

月9「ラブソング」でも取り上げられた吃音症

更新日:

ラブソング,吃音

「ラブソング」で多くの人に吃音が知れ渡った

吃音者の方は自分の吃音症状に対する大きなストレスを抱えながら生きていると思いますが、非吃音者からすると吃音はあまり深刻な病気とは捉えられておらず、認知度も少ないというのがこれまでの実状でした。

しかし、吃音症を題材にしたフジテレビ系列月9ドラマ「ラブソング」のヒットのおかげで、吃音症というものが非吃音者の間にも広く知れ渡ることとなりました。

ヒロインのさくら(藤原さくら)は、吃音症のために人とコミュニケーションを取るのが苦手で職場の同僚とも馴染めずに困っていたが、歌うときは言葉に詰まることがなく、しかもその歌声は人々を魅了する才能を持っていた。そして、元プロミュージシャンで臨床心理士の広平(福山雅治)と歌や音楽の中で心を通わせていくというヒューマンドラマです。

文字だけでは分からない吃音のリアルな症状を感じられる

このドラマ「ラブソング」の吃音監修には、吃音のセルフヘルプグループ「言友会」の協議会が担当しています。また、ヒロイン役の藤原さくらさんも、吃音の縁起が表面的にならないように吃音者との実際のコミュニケーションを通じて理解を深め、言友会にも吃音指導を受けるなど全面的なバックアップの元で収録に望んでいます。

実際にドラマ「ラブソング」を見てみると、吃音の縁起の自然さに驚きます。また、吃音者からするとよくあると共感できるシチュエーションがふんだんに盛り込まれたシナリオで、吃音者も非吃音者も楽しめる理想の吃音ドラマの一つと言えるでしょう。

吃音を独学で調べても、「あ、あ、あ」と繰り返してしまうなどの文字の説明しか目にすることはできず、そのリアルな症状や間を感じることはできません。実際に見聞きできるというのは、経験として良いと思います。

歌では吃音が起こらない方も現実に多い

このドラマ「ラブソング」のヒロインの吃音では歌を歌っている間は言葉が詰まらないという症状の特徴がありますが、実際このような症状は意外と多くいることが知られており、ラブソングのヒロインにもミーガン・ワシントンというモデルの女性歌手がいます。

ミーガンも普段は吃音で悩まされていたものの、歌う時には言葉に詰まることがなく、自分の素直な気持ちを表現することができると言います。

もしあなたが吃音を持っていても、これをしている間は吃音を感じなくなるということがあるはずです。そういう時間こそが、吃音改善には大切なのです。

当サイトでも、吃音改善での最終目標を「自分の吃音に無関心になる」としている通り、歌でもスポーツでもなんでも、とにかく自分が吃音者であることを自覚しない時間を多く過ごすということを強くおすすめします。

吃音の無理なトレーニングこそが、「吃音が悪である」という認識を強めている可能性があるのです。

治ることがゴールではないという巧みなエンディング

ラブソングでは、ヒロインさくらの吃音症が完治するという安易なエンディングではありません。そういうところもリアルで、吃音者からの評価が高い一因と言えます。実際、吃音を完全に直して日常を過ごせるようになるというのは稀なケースで、多くは日常生活に支障が出ない程度に症状が落ち着くという改善になります。

吃音の改善をしていく上で大切なのは、吃音を完璧に無くそうと考えるのではなく、吃音と上手に付き合う方法を見つけて暮らしていくということです。自分なりの表現方法を持つことで、吃音を受け入れるというのが、吃音改善の一つのゴールでもあるのです。

ドラマ「ラブソング」は、その方法を探す道筋の一つを示したと言えるでしょう。

まだ見てないという方も、ぜひ一度見てみて下さい。オススメのドラマですよ。

-▷吃音の有名人
-,

Copyright© 吃音克服、改善方法はたった一つだけ【どもりを治す!】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.