吃音克服、改善方法はたった一つだけ【どもりを治す!】

吃音(どもり)を克服したい、改善したいと本気で悩んでいる人のために作ったサイトです。私自身、長年吃音症状に悩まされ続けてきました。ある出会いをきっかけに人生が開けた私の体験談をあなたにもお伝えしたいと考えています。吃音どもりを治す方法を授けます。

▷吃音どもりと病院 ▷吃音(どもり)克服・治療・治し方

吃音は病院で治療するべきかどうかを考える

更新日:

吃音,治療

吃音は病院で治療が必要な病気ではない

吃音で悩む方は、「吃音はどうしたら治るのか」と考えてしまいがちです。しかし、吃音は治療が必要な病気ではありません。誤解を恐れずに言うなれば吃音は癖のようなもので、あなたの個性なのです。

このように吃音に対する捉え方を改めるだけでも吃音への精神的負担はかなり軽減され、症状が緩和されることだってあります。

巷では、吃音者には脳のある部分の萎縮が見られるという情報もありますが、それもすべての吃音者に認められているわけではありません。また、吃音の結果そうなっているのか、そうなっているから吃音になるのかは分かっていません。

少なくとも、病院などでの治療を受けずに吃音を克服している方はたくさんいますので、安心してこちらのサイトを見ながら改善に取り組んでください。

吃音に精神安定剤を当たり前に処方する日本

風邪で病院に行くととりあえず抗生物質を処方されるというのが日本の現在の医療ですが、吃音においても同じような実情があります。吃音は精神的な症状だからと精神科や心療内科などに行くと、医師は吃音に効く薬だと言いながら、ソラナックスやメイラックスなどの抗不安薬(精神安定剤)や抗うつ薬を処方し、一時的な精神操作によって吃音を緩和させようとします。

確かにそれで吃音は一時的に収まるかもしれませんが、常用していると「薬が無いと不安だ」というように、今度は薬が切れた途端にさらに重度の吃音に陥る危険性もあります。

吃音が何かのウイルスによって引き起こされているのであれば、薬による治療で改善されるかもしれませんが、吃音に対する根本的な不安やストレスを薬で完全に消し去ることはできません

吃音の治療に必要なのは薬ではなく、本人の意識の改革なのです。

吃音を改善するために始めてほしいこと

吃音,治療

吃音を改善するためには、「吃音が悪いことである」という否定の気持ちを無くすことが必須です。

自分は吃音者だ、バレてはいけないことだ、と思ってしまうが故に、いざ言葉を発するときにブレーキがかかってしまうのです。

そうした失敗経験を繰り返しているうちに、余計に自分を追い込む結果となってしまって、多くの方は人と話すことを忌避してしまいます。

非吃音者の場合も、会話中に言葉が出なかったり躓いたりしてしまうことは当たり前にあります。しかし、非吃音者はそんなことは気にしません。

吃音を持つあなたはどうでしょうか。周りの会話を聞いていて誰かが噛んだとき、気になりますか。おそらく、特に気にならないでしょう。

吃音者が陥っているのは、「自分の吃音を気にしすぎている」ということです。誰も、会話の続きを焦って聞きたいわけではありません。話そうとしている意思がわかれば、あなたの会話をちゃんと最後まで聞いてくれるはずです。

病院での治療を検討する前に、吃音のことを「悪いこと」、「治さないといけない病気」であるという認識を改めてください。これが、吃音改善の第一歩なのです。

病院での治療に頼らなくても吃音は良くなります

「吃音」という症状の概念がわかってきたのは最近で、今での盛んにその詳細な原因や改善方法が研究されていますが、完全な理論は解明されていません。

私もそうでしたが、いきなり言葉が出なくなるという自分の症状を奇病だと感じて不安に感じていた方も多いと思います。

しかし、周りには同じように吃音で悩む方はいて、世界的に見ても100人に1人という割合です。むしろありふれた症状といえるでしょう。

自分だけがおかしいのだと不安の迷宮に入り込むのではなく、まずは吃音への悪いイメージを自分が払拭してください

繰り返しになりますが、吃音の改善に病院での治療は必要ありません。むしろ、病院へ行き精神安定剤や抗うつ剤などの処方を受けてしまうことで、余計に自分は病気なのではという意識が強くなってしまいます。吃音改善には、あなたの意識改革が一番の特効薬なのです。

-▷吃音どもりと病院, ▷吃音(どもり)克服・治療・治し方
-,

Copyright© 吃音克服、改善方法はたった一つだけ【どもりを治す!】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.