吃音克服、改善方法はたった一つだけ【どもりを治す!】

吃音(どもり)を克服したい、改善したいと本気で悩んでいる人のために作ったサイトです。私自身、長年吃音症状に悩まされ続けてきました。ある出会いをきっかけに人生が開けた私の体験談をあなたにもお伝えしたいと考えています。吃音どもりを治す方法を授けます。

▶吃音どもりを病院で治療【宮城県】

大崎市・仙台市|吃音どもりを病院で治療【宮城県編】言語聴覚士のいるクリニック3選!

投稿日:

吃音,どもり,病院,治療,宮城

吃音どもりを宮城県の病院で治療!評判でおすすめのクリニックをご紹介

このページでは「大崎市・仙台市|吃音どもりを病院で治療【宮城県編】言語聴覚士のいるクリニック3選!」と題して、大崎市・仙台市の吃音どもりを治療できる病院&クリニック情報をご紹介していきます。

ポイントは、やはり言語聴覚士がいるかどうかです。これだけで、吃音どもりの治療に力を入れている病院なのかを判断できるからです。

また、信頼できる病院かどうかも気になると思いますので、「クリニックの特徴」についても言及していきたいと思います。

大崎市の病院で吃音どもりを治療する!おすすめクリニックはここだ!

▽大崎市民病院

吃音,どもり,病院,治療,宮城

【住所】大崎市古川穂波三丁目8番1号

【電話番号】0229-23-3311

【開設日】平成18年    3月

【院長】並木 健二

【主な施設】

  • リハビリテーションセンター
  • 展望ラウンジ
  • 化学療法センター
  • 屋上ヘリポート
  • 無菌病床

【アクセス】

・バスを利用する方

古川駅と当院の間を往復するシャトルバスが運行しています。また,大崎市中心市街地循環便,美里町住民バス,ミヤコーバス色麻線の一部の便も乗り入れをしています。

乗り場 古川駅8番バス乗り場

・新幹線・電車を利用する方

東北新幹線と陸羽東線を利用する方は,古川駅をご利用ください。古川駅から当院までは,シャトルバスが運行しています。

【URL】http://www.h-osaki.jp/

大崎市民病院の特徴は?

吃音,どもり,病院43の診療科、500床の病棟と、全国でも有数の大規模な大崎市立病院は、日本医療機能評価機構の再受審により全国一番の市町村立病院に認定されました。

宮城県の北部地域の基幹病院として急性期医療、高度医療の充実と拡大を年々進めており、地域がん診療連携拠点病院、災害拠点病院、臨床研修指定病院、地域医療支援病院と、様々な指定・認定を受けており、外来患者のべ20万人以上、入院患者のべ15万人以上と、地域の絶大な信頼を勝ち得ている病院でもあります。

新築された建物は東日本大震災クラスの地震にも耐えられる耐震性を持っており、日本でも稀なほどの最新鋭医療機器を多数導入しており、今後も宮城県を代表する病院として地域医療の最先端を担う存在となっています。

新人医師の教育にも力を入れており、宮城県で一番の研修医定員を誇っています。

医師162名(初期研修医を含む),看護師524名,薬剤師27名,管理栄養士10名,放射線技師30名,臨床検査技師36名,臨床工学士14名,リハビリテーション技師23名,事務職75名と多くの職員が勤めており、規模・実績ともにとても信頼し安心して利用することができる病院だと言えますね。

▽みやぎ県南中核病院

吃音,どもり,病院,治療,宮城

【住所】宮城県柴田郡大河原町字西38-1

【電話番号】0224-51-5500

【開設日】平成14年8月

【院長】内藤 広郎

【主な施設】

  • リハビリテーション室
  • ホスピタルホール
  • 外来化学療法室
  • 救命救急センター
  • 防災センター
  • 外来食堂

【アクセス】

東北本線大河原駅より宮城交通バス(川崎方面・村田営業所行き)で約7分

「大河原町総合体育館前及び病院前」下車

【URL】http://www.southmiyagi-mc.jp/index.html

みやぎ県南中核病院の特徴は?

吃音,どもり,病院開院時から医療連携を推進しながら地域完結型の医療センターとしての役割と機能を持つことを目的としてきた病院で、2次・3次医療の地域拠点として地域住民の健康な生活を支える役目を担っています。

高齢化社会が加速する昨今において、医療圏内の住民の在宅ケアを含めた地域方各ケアの重要性を認識し、医療圏全体の疾病予防、健康増進を考えた高度急性期、急性期医療の中心となるべく、医療機器の導入や技術向上、規模拡大など意欲的に取り組んでいる病院です。

そのかいあって、地域救命救急センターとして地域がん診療連携拠点病院に指定されており、今後も地域の生命の要としての意識を高めて発展していくだろうと思います。

医療事故の防止の観点から医療安全対策に気を配っており、院内感染を含めた院内の安全性の確保を徹底するという取り組みも同時に行っていますから、信頼できる病院として安心して利用できるのではないでしょうか。

仙台市の病院で吃音どもりを治療する!おすすめクリニックはここだ!

▽東北ろうさい病院

吃音,どもり,病院,治療,宮城

【住所】宮城県仙台市青葉区台原4丁目3番21号

【電話番号】022-275-1111

【開設日】昭和29年1月25日

【院長】佐藤 克巳

【主な施設】

  • リハビリテーション室
  • 言語聴覚療法室
  • 人間ドック
  • 健診センター
  • メンタルヘルスセンター

【アクセス】

・仙台市営バス・宮城交通バス

(仙台駅バスプール2番3番乗り場)宮城大学・宮城学院前方面行、台原入口下車

・JR

仙山線 北仙台駅下車、徒歩10分

【URL】http://www.tohokuh.johas.go.jp/

東北ろうさい病院の特徴は?

吃音,どもり,病院東北ろうさい病院は、独立行政法人労働者健康安全機構が全国に展開する34病院のうちの1つです。

昭和29年に当地で開院以来、地域における中核病院として、また東北・北海道地区における労災病院群の中核施設として活動しており、患者の満足第一を基本理念として地域住民のために日々努力されています。

勤労者と地域住民の皆様の健康を守る病院として、地域の各医療機関と密接に連携しつつ発展してきました。

開院63年という長さとともに、多数の実績に裏打ちされた地域の信頼は、地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院、臨床研修指定病院、災害拠点病院という様々な指定を受けていることでもよくわかりますね。

勤労者のための病院という背景からリハビリテーション分野にも力を入れており、地域の頼れる病院として東北ろうさい病院の存在感は非常に大きいと言えます。

-▶吃音どもりを病院で治療【宮城県】
-, , , , , , , ,

Copyright© 吃音克服、改善方法はたった一つだけ【どもりを治す!】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.