吃音を改善するために意識すべきポイントと効果的なトレーニング方法

吃音を改善するために意識すべきポイントと効果的なトレーニング方法

吃音 克服 会話 トレーニング

吃音克服のために「会話」「意識」「トレーニング法」について解説

まずは、吃音者の「電話対応」「友達との会話」「プレゼン」などというときに役立つポイントを紹介します。
今まで発表会やコミュニケーションにたいして不安に感じられていたと思いますが、この記事を読むことでその時間は減ります。

一方で、このポイントを知らないと悩んでしまう時間が増え、貴重な時間を無駄にしてしまうかもしれません。
どんな年代の方でも応用できる内容なので、是非メモしてください。

とにかく「言葉をゆっくり話す」

おそらく、ご吃音者の方にとって「わかっているけれどできない」という内容だと思います。

では、何故ゆっくり話すことを意識できないのでしょうか。

一つ目の要因は、焦ってしまうことです。
二つ目の要因は、特定の人、またはシチュエーションです。

他にも要因はあるとは思いますが、これが主なポイントだと思います。

では、意識するためにはどうすれば良いでしょうか。
まず、体をゆっくりと動作させましょう。

会話にかかわるジェスチャーをゆっくりさせることで、連動する言葉も自然と遅くなります。
読者様もこの方法で効果があったそうなので、是非あなたも実践してみてください。

吃音を克服するために意識すべきこと

私は、吃音に対してネガティブ思考を持っていました。
自己紹介一つとっても嫌々でしたし、少しでもどもるとすぐに落ち込んでいました。
しかし、「吃音人生を終わらせた資料①」と出会ったことによって、吃音を克服し、今の私がいます。

結論から言うと、どもった後にどもったと思うことをやめたんです。

どもった結果は変えられないから次に進もう、という意識を持つようになったのです。
この意識を持つようになってから、あまり吃音のことを引きずらなくなりました。

中村さんからこのアドバイスをもらった時は、そんなことで良いのだろうかと半信半疑でしたが、実践したことで本当に人と会話することが億劫ではなくなりました。

吃音に苦しんでいる人の気持ちはよくわかります。

家族にも友人にも相談できず、言葉をまともに話せないというフラストレーションがたまると思います。
だからこそ、一度過ぎたことを引きずってしまうと、フラッシュバックしてしまいます。
それを断ち切るだけでも、意識が少しずつ前に向きます。

メトロノームを用いた矯正・改善法について

実際にメトロノームを使った改善法を実施してみるとわかるのですが、あまり効果はありません。
このような方法は、緊張を解くために用いるのは問題ないのですが、吃音を根本的に改善するためのものではないんですね。

では、どうしたら良いのかというと、やはり人前でのトレーニングが必要です。ここで私が考案した、

コンビニ法をご紹介

コンビニで、店員と会話をしてみてください。
この時のポイントはフランクにすることです。

例えば、お手洗いを借りるならば「ちょっと借りてもいい?」お会計をするなら「コーヒーも一つもらおうかなー」など、できる限りフランクに話してください。
近隣の顔の知れたコンビニで難しい場合は、少し遠出してみるのも良いです。

もし、どもってしまったとしても失敗ではありません。
難発性の方で言葉が止まってしまっても、特に関係のない相手です。

このコンビニ法は使えますよ。
私の場合は、お買い物ついでに世間話をするようにしていました。

結果的に、店員さんを練習に付き合わせてしまいますが、お客さんとしてであれば問題ないと思います。
こうした、対人トレーニングを少しずつ実践してみてください。

▽▽私の吃音人生を終わらせた出逢いについて
吃音を克服する方法はたった一つだけ

吃音・どもり克服カテゴリの最新記事