吃音者は仕事に就けない?向いている仕事と向いていない仕事

吃音者は仕事に就けない?向いている仕事と向いていない仕事

吃音,仕事

吃音者でも仕事を選べば優秀な人材となる

吃音のせいで仕事に行くのが辛い、長く続けられないという方は多いです。

就職と退職を繰り返しているうちに、吃音者である自分には仕事はできないのではないかと諦めてしまうこともあります。しかし、そうやって吃音を理由に仕事を諦めてしまうのは非常にもったいないです。

なぜなら、吃音を発症する人は能力的には優秀であることが多いからです。思慮深く、相手の気持ちに共感しやすいという能力は、仕事上でも良い面で効果が出るはずです。事実、世の中には、吃音を持ちながらも仕事で大成功を収めている方もたくさんいます。吃音者が考えるべきなのは、自分の能力を発揮できる仕事をきちんと選ぶということなのです。

今回は、吃音者に向いている仕事と避けるべき仕事について考えていきます。

吃音者に向いている仕事

吃音,仕事

吃音者は黙々と何かを考えたり、技術を磨いたりするセンスに優れていることが多いので、技術職や研究職のような仕事が能力を発揮しやすいです。

例えば、デザイナーやプログラマー、CADオペレータ(コンピュータを使った設計師)、工場勤務などが一般的でしょう。どれも、全く人とコミュニケーションを取らなくてよいというわけではありませんが、何かを作る、描くという仕事の最中は一人で集中してできるので、そこできちんと結果を出せば評価もされるはずです。

また、最近ではブロガーやアフィリエイターという選択肢もあります。コンテンツによっては一人で始めてお金を稼ぐことができますし、どこかのサイトの下請けとして働くことも可能です。まとまったお金をすぐに稼ぐのは難しいですが、やり取りがweb上で完結することも珍しくないので、気兼ねなく働くことができるのが魅力ですね。

大学の研究職なども黙々とできる仕事の一つですが、全くの素人がいきなり就ける仕事ではないので、学生時代から狙いを定めて大学などで学ぶというステップが必要になります。

株やFXという選択肢もありますが、浮き沈みが激しくなることもありますし、元手となるある程度の資産が必要になるでしょう。

吃音者が避けるべき仕事

吃音者が避けるべき仕事、と考える必要は実は特にありません。とにかく、自分が気後れする仕事を避ける他ないでしょう。代表的なものを挙げるとすれば、まずは電話対応の多い仕事です。テレフォンセンターなどのオペレーター業や、営業関係の仕事に就くと、ストレスが増えるかもしれません。ほかにも、塾講師のような人前で話す機会の多い仕事も、避けがちだと思います。

しかし、アナウンサーや俳優など、言葉を仕事にする人の中にも吃音者はいます。この仕事は吃音じゃ無理だと決めつけてしまうのはもったいないということですね。

まずは自分のできそうな仕事をしながら、「吃音だろうが関係なく働いている」という事実を積み重ねて、吃音に対する悪いイメージを払拭していきましょう

そうしているうちに、あなたの可能性もどんどん広がっていくはずです。

吃音があなたの人生を邪魔することはありません

こんな仕事をしてみたいけど吃音だから無理だろう、なんて思うことはありません。

例えば吃音者が避けがちな接客業でも、あなたの優れた共感力はきっと武器になるはずです。ベラベラと営業トークを重ねる人よりも、少し話下手なあなたに逆に安心感を覚えるお客さんもいるでしょう。

うまく話せないということを思い詰めるのではなく、自分の長所として何ができるのかを考えることで、自分の就くべき仕事も見えてくるはずです。

あとは、就職した先の人間関係も非常に大切です。吃音を隠して働くよりも、いっそカミングアウトしてしまった方が周りの協力が得られる場合もあります。少なくとも、ストレスがあるなら一人で抱え込むことだけは絶対にやめましょう。同僚でも、上司でも、味方になってくれる人はいるはずです。

吃音・どもりと就職カテゴリの最新記事