どもりや吃音の原因を掘り下げることの大切さ

どもりや吃音の原因を掘り下げることの大切さ

どもりや吃音を改善したい、克服したい、治したい。
そう思う人は多いことでしょう。

実際、私は自分のことを欠陥人間だと思い、
救いを求めて彷徨い続けていました。

ある人に出会い、おかげで吃音を克服したのですが、だからこそ感じることがあります。
それは、どもりや吃音の原因を掘り下げることが大切だということです。

どもりや吃音の原因

どもりや吃音の悩みは非常に深く、当人にとって重大なものです。

しかも言葉によるコミュニケーションが阻害されるのですから、
悩めば悩むほど孤立し周囲に理解やサポートを求めることも難しいものです。

さらに、重度の障害ではないことから、一見して問題があるようには見えませんが、
本人は問題があるというような目で見られると思い込んでしまいます。

そのため、さらにどもりや吃音が酷くなってしまう場合もあります。

どもりや吃音の原因について深く掘り下げていくことは、
どもり、吃音を改善していくうえで非常に大切なことなのです。

その理由を症状や性格の面からお話ししていきます。

どもりや吃音の症状

どもりや吃音の障害のある人はその症状が出るのは人前での会話ですね。

言葉がうまく出ずに黙ってしまったり、
同じ音を連続してしまい言葉にならなかったりというような症状
です。

これらが一種の障害や病気のように扱われていることから、
当人自身が酷くどもりや吃音を気にして強く意識してしまいます。

しかし、実は非吃音者も、どもったり言葉が出なかったりはするのです。

どもりや吃音の症状は人間であれば誰にでも起こる症状で、
吃音者が異常だということではないということです。

もう少し突っ込んでお伝えすると、
吃音やどもりの症状は非吃音者でも起こり得ることで、特別な症状ではないということ。
そして、身体のどこかに異常があるわけではありません。

特別でもなく、身体に以上がないとなると、
吃音やどもりの原因が身体的な欠陥ではなく、心理的なものだということが見えてきます。

どもりや吃音がある人は繊細で感受性が豊か

周囲に誰のいない状況であればスラスラ発声でき、
人前に立つと突如言葉が出ないどもってしまう。

そして吃音やどもりそのものは別段特別なことではなく、
非吃音者でも激高したり感情が爆発すると同じようなことが起こる。

このような症状は心理的なもので起こるということを前項でお伝えしました、
つまり吃音やどもりは感情や心理的な作用で起こるのです。

思い出してみてください、
吃音が出てしまう状況では心臓がバクバクし頭の中が真っ白になっていませんか?

そして言葉が出ない、どもったなど自分の変化に気づくと
さらに吃音はひどくなってしまうでしょう?

心理的なストレスが引き金となり吃音やどもりが出始めると、
出始めたことでさらに精神が追い詰められていく
のです。

どもりや吃音がある人は、感受性が豊かで非常に繊細な神経をしていることが
統計などからわかっています。

対面した人の目やそこから読み取れる感情を誰よりも強く受け取ってしまうのです。
その感情の波が大きなストレスとなり結果吃音という症状として表れます。

この心理的なストレスこそが原因であり、
次いで吃音やどもりが出てしまっている自分の姿を強くイメージしてしまうことで
ストレスが過剰に促進されてしまうことが問題なのです。

もちろんこれは一般的な吃音者の平均と言える解説で、
すべての人がそうだとは言えず個人差があります。

しかし、幅広く見るとこのような心の動きが吃音やどもりに繋がっているはずなのです。

ネガティブな思考がさらに吃音やどもりを加速してしまう

どもり,原因

そして吃音やどもりがある自分を自分で認めることができず
否定的、後ろ向きに考えてしまうことでさらに症状はひどくなってしまうのです。

症状が悪化し続けると発声はおろか言葉そのものを失ってしまう失語症の恐れもあるのです。

ですから吃音やどもりを治すということは、
この心の中にある原因を何とかしなければならないのです。

これは言葉にすると薄っぺらく聞こえてしまいますが、
当人にとってはとんでもなく難しいことで、
原因が心にあるということがまた自己否定に繋がってしまいますから、
冷静に受け止めることが出来なければ次のステップには進めません

ただよく考えてみて欲しいのですが、
心に原因があると言っても吃音者の精神が異常なわけでは断じてありません

他の誰よりも繊細でナイーブな精神構造であるというだけで、
この点をしっかりと踏まえて自己を見つめ直していきましょう。

▽▽サヨナラ吃音!

吃音・どもり克服カテゴリの最新記事