吃音者が電話を克服するには?うまく話せる方法を紹介

吃音者が電話を克服するには?うまく話せる方法を紹介

吃音,克服,方法

電話対応を克服しなければ、と考えているうちは吃音は改善しない

吃音を持つ人にとって一番の苦手なこととも言える、電話対応。

友達や家族との連絡ならメールやラインを使えば良いかもしれませんが、仕事をしている場合ではそうはいきませんよね。外部からの連絡や内線が嫌で、電話が鳴る度にびくびくしてしまうという方も多いでしょう。電話対応を克服するということは、吃音者にとっては悲願の一つであることは元吃音者の私もよく分かっています

しかし、電話対応をすぐに克服できる魔法のような方法は存在しません。結局は、普段の会話の吃音と同じように段階を踏んで改善していくしかないのです。むしろ、電話対応を克服しようと躍起になればなるほど、改善からは遠ざかってしまうとも言えるのです。

今回は、電話対応を克服するための方法論の一つを紹介します。

普段の会話で吃音をコントロールするコツを掴む

電話で吃音が余計に気になってしまうのは、会話だけに集中するという状況に置かれてしまうからです。自分の気持ちが言葉でしか伝えられないと思うと、いつも以上に言葉が出なくなってしまうということですね。そういう意味では、電話対応こそが吃音者にとっての最難関の課題とも言えるでしょう。

そのため、電話対応を改善しなければと思って、電話の練習ばかりしていると吃音の改善そのものに挫折をしてしまうことがあります。まずは、普段の会話から吃音を改善させる努力をしましょう。

吃音の改善トレーニングには様々なものがあり、どれが自分に効果があるのかも様々です。これをやればみんな直りますという方法は、なかなかネットで調べても分からないでしょう。いくらやっても改善しない、と暗くなってしまうのが一番ダメなので自分には合わないかもと判断したらすぐに見切りをつけて他のトレーニング法に移りましょう

自分に電話を掛けるという練習方法もおすすめ

吃音,克服,方法

ある程度練習を積んだらいよいよ電話対応のトレーニングに入りますが、いきなり対人の電話に望むのはやはり無謀です。まずは、自分の携帯や家にかけて留守番電話に何か適当な課題文章を吹き込むという練習方法がおすすめです。誰に聞かれているわけでもないので落ち着きやすいですし、実際にどのように相手に聞こえているのかを簡単に確認できる一石二鳥の練習方法になります。仕事中によく電話で使う表現や、自分の名前と所属など短い文章で良いので自然に話せるように練習してみてください。

他には、自分のことを全く知らない人と話すというのもおすすめです。例えば、自分の使っている電化製品のコールセンターに適当に質問してみる104番にかけて企業でもなんでも良いので電話番号を聞いてみるなどの短いやりとりをしてみましょう。

これは、海外の吃音改善法ではよく取り組まれている方法で、これを事前にやっておくかどうかで電話対応の改善のスピードが明らかに変わってくると言われています。

コールセンターのようなところであれば、上手くいかなくてもあなたにとって何も被害はないですし、最悪途中で電話を切っても失われるものはありません。

少しずつ、こうして電話対応の成功体験を積み重ねていきましょう。

練習のしすぎにも注意が必要

吃音の改善で注意して欲しいのは、練習のしすぎです。やればやっただけ改善に向かうとは必ずしも限りませんので、ゆっくりマイペースに行いましょう。「こんなにやったのに全然だめだ」と思ってしまうのが一番もったいないです。

今日は1回どこかに電話をかけてみようというような感じで良いので、吃音に対する諦めを持ってしまわないようなペース配分を心掛けてくださいね。

吃音・どもりと日常生活カテゴリの最新記事