吃音を障害だと思わない生き方をMRMプログラムで学ぶ

吃音を障害だと思わない生き方をMRMプログラムで学ぶ

吃音,障害

吃音者は障害者だという認識は吃音者にしかない

吃音は精神性の障害であるという認識が厚労省の専門官から出されてからすでに1年が経過しました。確かに、吃音は正しい手順を踏めば障碍者手帳を取得することができることからわかるように、制度の中では障害という位置づけにあります。吃音者の中にも、自分の症状を障害だと認めてほしいと思っている方も多いです。

しかし、実際に吃音者のことを障害者だと思っている人は少ないです。非吃音者からすれば、どもりなんて障害でもなんでもないというのが現実なのです。だからこそ、会社や学校などでも「ちゃんと話せ」などの無遠慮な言葉をかけられてしまうということです。

吃音者が吃音を克服するポイントは、この「吃音が障害である」という認識を捨てることから始まるのです。

吃音が出てもいいじゃないか、という開き直り

言葉がうまく出なかったらどうしよう、変に思われるのではないかという不安が、大人の吃音の原因です。発声器官の訓練をいくら積んだとしても、肝心の精神面の改善が図れなければ吃音の改善はなり得ません

そこでおすすめなのが、中村しょうさんの開発した吃音改善メソッドのMRMプログラムです。MRプログラムでは、「吃音とは何か」を理解して自己管理するパラダイムシフト編、実際に発話の恐怖を減らすトレーニングを行うマインドシフト編の2本立てで吃音の改善を目指します。

「吃音の改善は吃音であることを忘れることである」という理念がもととなっていて、実際に吃音改善の効果が認められているメンタルリハーサル法をアレンジした独自トレーニングが公開されています。

またMRMプログラムは吃音の重症度に関係なく改善が見られるということも特徴で、吃音に悩む方にはぜひ一度挑戦してほしい教材です。正しく継続すれば、吃音なんか別にどうでもよいじゃないか、という解放された気持ちになれるはずです。

MRMプログラムは返金保障付きの安心プラン

吃音,障害

現在、吃音の教材はたくさん存在しています。一体どれを試せばよいのか悩んでしまうということもあるでしょう。また、これまでたくさん試してきたけど裏切られてきたという方も多いでしょう。

しかし、MRMプログラムはそれらの教材とは一線を画しています。まず、吃音改善の効果が見られないと判断した場合、メール1本で教材の費用が全額返金されます。なぜ返金してほしいのかの理由や、実際の進捗状況を証明する必要もありません。さらに、購入した教材の返却も必要ありません。ただ、90日間の継続が条件となっているので、教材購入後90日後から30日間という返金期間の制限はあります。とはいえ、ここまで返金のハードルが低い教材は他にはないでしょう。

もし効果がなくても確実に返金してもらえるということは、あなたにとってこのMRMプログラムを受けるデメリットが一つもないことを意味しています。

売り逃げる詐欺まがいの教材ではありません。吃音者を一人でも多く救いたいという思いが、このMRMプログラムにはあふれています。

たくさんの吃音者がMRMプログラムで幸せな日々を手に入れています

MRMプログラムの公式サイトには、MRMプログラムで吃音から解放されたたくさんの方からの喜びの声が公開されています。それを読むだけでも、希望が湧いてくると思います。中には数十年という長い間吃音に悩まされてきた方も改善したというケースもあります。吃音改善に、手遅れはありません。思い立ったその日が、治療を始めるべき1日なのです

ぜひ、あきらめずに吃音改善に取り組んでほしいと思います。

当サイトからなら、MRMプログラムに限定特典付きで購入できるので、さらにお得に始められます。一緒に、吃音を障害と思わない生き方をしてみませんか?

吃音・どもり克服カテゴリの最新記事