吃音の重症度のチェックポイントを紹介

吃音の重症度のチェックポイントを紹介

どもりに無自覚な子供の吃音の場合、無理に吃音を自覚させようとすると逆効果になってしまうこともあります。
しかし、大人の吃音の場合には客観的に自分の症状を知ることは大切です。

言葉を発することへの恐怖は、「いつ吃音が出るかわからない」ということが大きな要因です。
自分が一体どのようなときに吃音が出るのか、どんな言葉が苦手なのかをきちんと理解しておくことは、その恐怖を和らげることにも繋がるのです。

今回は、吃音症状の簡単なチェックポイントをいくつか紹介していきます。
ぜひ日常生活への参考にしてください。

ただ、軽度の吃音だから治りやすい、重度の吃音だから治りにくいということはありません
どの吃音も、等しく治る可能性があります。

チェックの結果は、あくまで自分の状況を知るためにしかなりません。

吃音の重症度チェックポイント

吃音,チェック

軽度の吃音の場合

実は、軽度の吃音が、吃音者のレベルとしては最も割合が多いです。
しかし、軽度の吃音者の中には自分は重度の吃音であると思い込んでいる方も多いのが現実です。

これは、吃音による失敗の苦い記憶のせいで、自分なんて駄目なやつだと思ってしまうことが原因です。
(もし良ければ「吃音が治らない理由、「吃音の監視」「自己否定」が悪循環を生んでいる!」という記事も参考にしてみてください)

チェックポイント:会話の何%に吃音症状が見られるかを確認

軽度の吃音の目安としては、5%~10%程度と言われています。
パーセントで言われてもピントこないという場合には、100語チェックや何かの文章を実際に読んで割合をチェックしてみるなどをしてみると客観的に評価出来ると思います。

また、非吃音者と呼ばれるような吃音意識のない人であっても、吃音率は2%前後あると言われています。
そう考えて見ると、5%~10%の吃音はほとんど当たり前のレベルであるとも言えます。

実際に吃音率を算出してみることで、自分の吃音レベルが客観的にわかります。

ただ、もし結果が軽度の吃音者レベルやそれ以上の評価になってしまった場合、どうしても悪い方へ向かってしまいがちです。
深く考え込みすぎないようにしましょう、と伝えてもそうは思えないかもしれませんが、できるだけネガティブな方向に考えないようにしましょう。

なぜならネガティブな感情が吃音を悪化させる原因になるからです。
なので、自分のことを否定せずに吃音を改善させることや、自分は以外と軽度の吃音なのだというような、前向きな考えを持つようにしてくださいね。

中度~重度の吃音の場合

チェックポイント:録音をして吃音の割合を確認する

会話や朗読などをして吃音の割合を確認するのは、軽度の吃音とやり方はほぼ同じですが、中度や重度の吃音になってくると会話中のチェックが難しくなってきます。

自分は中度〜重度の吃音なのではないかと思っている方は、まずは自分の話し声を一度録音して、チェックはそれを聞きながら行ってみてください

吃音率が15%を超えてくると、中度~重度の吃音というレベルになります。
しかし、この吃音率の基準は専門家がきっちり計った場合の基準になります。

例えば、大勢の人前では100%吃音が出てしまうということもあるとは思いますが、だからと言ってこの吃音が重度であるということにはなりません
誰でも大勢の人の前では緊張して話せなくなるものです。

また、重度の吃音だったとしてもそれが治らないということではありません。
吃音が重度であるということよりも、吃音のレベルがどれほどなのかをしっかり認識していない状態の方が良くありません

結果にショックを受けるのでは無く、今の自分の自覚するという大切さを意識しましょう。

症状の重さで吃音が改善するかどうかは関係ない

吃音,チェック

大人の吃音は、脳の認識一つで症状が大きく変わります。
酷い吃音だとしても、その症状をしっかりと認識して受け止めることができれば、改善の第一段階はクリアです。

私自身も、何十年と悩み続けてきた酷い吃音の症状を、MRMプログラムを通して改善させることができました。
症状が出ていた期間や重さは、吃音が改善するかどうかには関係ないと言えることを身を持って知ったのです

重度の吃音だからと言って改善を諦めてしまうのは勿体ありません。
そもそも、自分が重度の吃音であるということ自体が思い込みの可能性だってあります。

まずは一度、自分の吃音状況を客観的に評価し、過大評価も過小評価もせずにその結果を受け入れましょう

その上で、正しいレベルの改善トレーニングに取り組むのが正解です。

MRMプログラムを見てみる

どもり・吃音にみられる癖を治すためには

▽▽サヨナラ吃音!

吃音・どもりの治し方カテゴリの最新記事